書評

【レビュー】前田裕二氏の話題の新刊をいち早く解説!<メモの魔力>


「メモの魔力」
2018年12月24日発行
著:前田裕二

 

メモ」という単語を聞いてどんなことを想像しますか?
そもそも「なぜメモなのか?」と疑問を持たれる方もいるかもしれません。

 

この本では「メモ」について2つの意味合いで書かれています。
一つ目は、「記録のためのメモ
二つ目は、「知的生産のためのメモ

 

どちらもメモを語る上で重要な要素ですが、著者である前田氏は本質的に後者を目的としたメモ術なのだと語っています。
黒板に書かれていることをただノートに写すのではなく、人間にしかできないこと、つまり独自の発想や、センス、視点で、アイディアを創出することを目的としているからです。

 

前田氏は実際に幼い頃からメモを習慣化し、毎日おびただしい量のメモを積み重ねることで、今では日本を牽引する経営者の一人として大きな注目を浴びる存在となりました。
そんな凄腕起業家として注目されたのが、このメモ術です。

 

ただその量は凄まじく、就活の時に使用していた「自己分析ノート」は30冊を越え、1000問もの項目、そしてビジネスモデルは100コを超えると言います。
それだけではありません!
ミュージカルや映画鑑賞中もこっそりとメモをひたすら取り、1作品を見終わる頃には多い時に100コ以上のメモで埋め尽くされている….. 食事やシャワーを浴びている時でさえメモ帳を片時も離しません。

 

しかしそれは「メモの魔力は、自分の人生をいい方向へ導いてくれる」という確信があるからこそのこだわりなのです。

 

本書は以下の構成によってメモの効力を最大限に引き出す手引きが紹介されています。

  1. メモで日常をアイディアに変える
  2. メモで思考を深める
  3. メモで自分を知る
  4. メモで夢をかなえる
  5. メモは生き方である

 

第一章ではメモがもたらす効力とその具体的な方法、つまりインプットの仕方を。
そして第二章ではインプットしたものを抽象化して自分のものとする方法メリットが示されています。

 

第三章では具体と抽象行き来することで、自分がどんな人間なのかを知り、それを如何にアウトプットするかが第四章で具体的に書かれています。

 

実際に本書を読み終えて率直に感じたことは、

  • 世の中の莫大な量の情報をメモの力によって、自分のものにできるかもしれない!
  • 自分を深く知って、正しい努力をしよう!

 

ということです。
メモを機械的な事実を記録する道具としてだけでなく、世界をそして自分を深く知る魔法の杖として活用することで、自分の夢を叶えてくれるビジネス書です。

詳しく見る

 

ではもう少し深く、心に残ったフレーズを紹介していきます。

メモは単なる“ノウハウ”ではなく“姿勢”である!

冒頭でも触れましたが、前田氏の日頃から習慣化しているメモの量は尋常ではないです。
それはあらゆることに対して常にアンテナを張って情報をキャッチしようという彼の姿勢なのです。

 

それを象徴する言葉の一つにこんなフレーズがあります。

<本文引用>
自分の心がたくさんの情報をキャッチできるように、いつも思いっきり毛穴をむき出しにして歩いています。街と対話して、考え、気づいたことを、よく立ち止まってはメモしています。

 

まるで雨の日に口を開けて上を向いているようですね!
これには2つの大きい意味合いがあります。

  • 外部ハードディスクに記憶の部分を頼ることで、空いた自分の脳の容量を創造力をめいっぱい使うこと
  • 少しでも多くのアイディアの種をインプットしておくこと

 

これはホリエモンこと堀江貴文氏キングコング西野氏もよく口にしていることですが、「毛穴をむき出しにして」という表現が如何に情報をインプットしようとしているのかが本当に伝わってきます!

 

「抽象化」は人間に与えられた最強の武器!

<本文引用>
「抽象化」こそが僕のメモ術の根幹です。もっと言うと、人間に与えられた最も重要な思考機能であり、最大の武器であると、確信をもって断言できます。

知的生産としてもメモ」を冒頭でも紹介しましたが、この「抽象化」こそがまさにその入口です。
前田氏がメモ魔として知られる所以になったのも、この抽象化にも使われているノート術が大きな要因です。

 

文章では伝わりにくいのでおおまかな説明にはなりますが彼のノート術は、「見開きのノートに目の前で起きた現象(ファクト)を書き、それを噛み砕き・分析(抽象化)、それを別のことに応用(転用)する」というサイクルを実践していきます。

 

1年以上前にLivespicksでもかなり具体的に説明されていたので、かなり参考になるかと思います。

 

物事をインプットから分析、アウトプットまで、これを高速に回すことで脳が鍛えられ、未知なるものがやってきても「具体」と「抽象」を行き来することで柔軟に対応ができるようになることを身をもって証明してくれています。

 

  • ファクトの書き出し(インプット)
  • 気づきを分析(抽象化)
  • 自らのアクションに転用する

メモは人生のコンパスを作る!

本書の中で前田氏が最も伝えたいこととして「メモが人生のコンパスを作る」というフレーズがあります。

<本文引用>
ただし今向き合っていることが必ずしも、自分にとって本当に幸せなことがどうかはわかりません。それは、単に、目先の追われていることであって、「人生の勝算」ではないかもしれない。「ビジネスに勝つと自分は幸せになれる」ということがわかっていない状態で、やみくもに自分の人生の時間をビジネスに全賭けしていては危険です。

 

なんとなく理解している人も多いかと思いますが、これはすごく耳が痛い話ですね。

 

人生のコンパスについては、前田氏の前作「人生の勝算」でも「見極めてから掘れ」という章で宝石探りレースに例えて具体的に紹介されていますが、コンパスを持たないということはモチベーションをなくし挫折してしまうだけでなく、気がついたら何年もの無駄な歳月を費やしてしまうことになりかねません。

 

両作に共通して言えるのは、「自分を知り、進むべき道を定めることが夢に近づく最短ルートである」ということ。
「メモで自分を知る」の章ではそのためにもメモで自分を知ることが大事である、その具体的な方法がいくつも紹介されています。

 

関連:「人生の勝算」とは

話題沸騰中の「メモの魔力」!

2018年12月25日発売開始した「メモの魔力」ですが、26日の朝の番組での宣伝効果もあってか、早くも重版決定し各地で在庫切れも相次いでいるようです!

 

SHOWROOMの社長である前田氏の最新作「メモの魔力」の魅力についてここまで語ってきましたが、残念ながらここで紹介しているのはほんの一部分に過ぎません。

 

前田氏の語る「メモ」は、その本質を理解し、正しい努力をすることで人間としての成長することができます。
また人生を豊かにする可能性を十分に秘めているとも言えるでしょう。

 

毛穴を全開にし、自分を深く知ることで新しい自分を発見しませんか!?
あっという間の2時間ですので、是非お手に取ってみてください!

Amazonで見る!

ABOUT ME
るにお
一級建築士。 大手住宅メーカーで設計士として30件以上新築戸建てを手がける。 「地元川越の魅力をもっと伝えたい!」という思いから、ランチブログを開設。 現在はゲストハウス作りに奮闘中。